Shortcuts

ローカル構成

Qiskitをインストールし実行できるようになった後で、特定のユースケースに合わせてQiskitのデフォルトの動作を変更するためのオプション構成手順がいくつかあります。

ユーザー構成ファイル

Qiskitのローカル設定の主なロケーションはユーザー設定ファイルです。 これは、Qiskitのデフォルトを変更するために使用できる ini 形式のファイルです。

例:

[default]
circuit_drawer = mpl
circuit_mpl_style = default
package_warnings = False
transpile_optimization_level=3

デフォルトでは、このファイルは ~/.qiskit/settings.conf にありますが、使用されるパスは QISKIT_SETTINGS 環境変数でオーバーライドできます。 QISKIT_SETTINGS が設定されている場合、その値はユーザー構成ファイルへのパスとして使用されます。

利用可能なオプション:

  • circuit_drawer :これは、回路ドロワー qiskit.circuit.QuantumCircuit.draw() および qiskit.visualization.circuit_drawer() のデフォルトのバックエンドを変更するために使用されます。 これは、 latexmpltext または latex_source に設定でき、 ouptut kwargが明示的に設定されていない場合は、ドロワーバックエンドが使用されます。

  • circuit_mpl_style :これは、回路ドロワー qiskit.circuit.QuantumCircuit.draw() および qiskit.visualization.circuit_drawer()mpl 出力バックエンドに使用されるデフォルトのスタイルシートです。 default または bw に設定できます。

  • package_warnings :このブールフラグをtrueに設定すると、 qiskit-aer または qiskit-ibmq-provider のいずれかが見つからない場合に通常発生する RuntimeWarnings が抑制されます。

  • transpile_optimization_level :これは0〜3の整数を取り、 transpile() および execute() のデフォルトの最適化レベルを変更するために使用されます。

環境変数

Qiskitのデフォルトの動作を変更するために設定できる環境変数もいくつかあります。

  • QISKIT_IN_PARALLEL :この変数が FALSE 以外に設定されている場合、Qiskit Terraで特定の操作(複数の回路でのトランスパイルなど)を並列化するためのマルチプロセッシングの使用が無効になります。

  • QISKIT_SUPPRESS_PACKAGING_WARNINGSY に設定すると、 qiskit-aer または qiskit-ibmq-provider のいずれかが見つからない場合に通常発生する RuntimeWarnings が抑制されます。

  • QISKIT_IBMQ_PROVIDER_LOG_LEVELqiskit-ibmq-provider モジュールに使用するログレベルを指定します。 無効なレベルが設定されている場合、ログレベルはデフォルトでWARNINGになります。 有効なログレベルは、 DEBUGINFOWARNINGERROR および CRITICAL (大文字と小文字を区別しない)です。 環境変数が設定されていない場合は、親ロガーのレベルが使用されます。これもデフォルトで WARNING になります。

  • QISKIT_IBMQ_PROVIDER_LOG_FILEqiskit-ibmq-provider から発信されたログメッセージから使用するログファイルの名前を指定します。 指定した場合、メッセージはファイルにのみ記録されます。 それ以外の場合、メッセージは標準エラー(通常は画面)に記録されます。

  • QISKIT_AQUA_MAX_GATES_PER_JOB :ゲートの数に基づいて、Aquaで生成された回路を、バックエンドに送信される複数のジョブに分割するためのしきい値を設定するオプションのパラメーター。

表示 lang: Japanese
言語
English
Japanese
German
Korean