Qiskitのインストール

要件

Qiskit supports Python 3.5 or later. However, both Python and Qiskit are evolving ecosystems, and sometimes when new releases occur in one or the other, there can be problems with compatibility.

If you're having trouble installing or using Qiskit after updating Python, check the Qiskit Package metadata for Programming Language to see which specific versions of Python are supported.

科学技術計算用クロスプラットフォームのPythonディストリビューションである Anaconda をインストールすることをおすすめします。Qiskit tutorials とのやり取りには、Anacondaに含まれるJupyter Notebookをおすすめします。

Qiskitは以下の64ビットシステムでテストされサポートされています。

  • Ubuntu 16.04またはそれ以降

  • macOS 10.12.6またはそれ以降

  • Windows 7またはそれ以降

WindowsでQiskitを使用するにはVC++ランタイムコンポーネントが必要です。下記のいずれかをおすすめします。

インストール

Qiskitを他のアプリケーションから明確に分離して、経験をよりよいものにするため、Python仮想環境を使用することをおすすめします。

環境を使用するもっともシンプルな方法は、Anacondaに含まれている conda コマンドを使う方法です。Conda環境では、Pythonの特定のバージョンおよびライブラリを指定することができます。作業したいディレクトリでターミナルウィンドウを開きます。

Pythonのみをインストールした最小環境を作ります。

conda create -n name_of_my_env python=3
source activate name_of_my_env

Windowsをお使いの場合は

  1. Anacondaをインストールする

  2. Anacondaのコマンドプロンプトを探す

  3. Anacondaのコマンドプロンプトを開く

次のコマンドを使います

conda create -n name_of_my_env python=3
activate name_of_my_env

次に、Qiskitパッケージをインストールします。Terra, Aer, Ignis, そしてAquaが含まれています。

pip install qiskit

注釈

Qiskit 0.13.0 以降は、qiskit-aer をLinux上のプリコンパイルされたライブラリからインストールするためには pip 19 以上のバージョンが必要です。pip 19がインストールされていない場合は pip install -U pip でアップグレード可能です。pip 19以降がインストールされていない状態でqiskit-aerをインストールしようとすると、sdist (source distribution) からのインストールが実行され、裏で aer をローカル・コンパイルしようとしてしまいます。

パッケージが正しくインストールされると、conda list で仮想環境に存在するアクティブなパッケージを見ることができます。

注釈

Qiskit < 0.7から最新版にアップグレードするときは、 pip uninstall qiskit で古いバージョンのQiskitをアンインストールしてから最新版をインストールしてください。

Qiskitで使うことのできるすべての表示機能を使うために必要となる、オプションの依存関係があります。これらのオプション依存関係は、以下のコマンドでインストールすることができます。

pip install qiskit-terra[visualization]

使いたいQiskitパッケージをインストールおよび検証したら、Pythonのある自分の環境にインポートして作業を始めます。

import qiskit

注釈

最新のQiskitコードに対して開発や寄与を行うことによってQiskitコミュニティに貢献したいときは、Build Qiskit packages from source を参照してください。

Access IBM Quantum Systems

IBM Quantum offers several real quantum computers and high-performance classical computing simulators through its IBM Quantum Experience with Qiskit. Follow these steps to set up your Qiskit environment to send jobs to IBM Quantum systems.

注釈

With the release of Qiskit 0.11, if you had previously saved your IBM Quantum credentials locally, you might need to update your IBM Quantum Experience credentials so that you can use the new IBM Quantum Experience V2. See Updating your IBM Quantum Experience Credentials.

アカウントの設定には、ローカルの設定ファイルにAPIキーを追記します。

1. Create a free IBM Quantum Experience account.

手順 2: My Account に移動し、アカウントの設定を表示します。

Image of where to find the section 'My accounts'.

手順3: トークンをクリップボードにコピーするには、Copy token をクリックします。 このAPIトークンを一時的にあなたのお気に入りのテキストエディターに貼り付けておいて、後でアカウント設定ファイルを作成するときに使用できるようにします。

Image of where to get an API token.

手順4: 以下のコマンドを実行して、qiskitrc という設定ファイルで後に使用するために、ローカルにAPIトークンを保存します。 MY_API_TOKEN をテキストエディターに保存したAPIトークンの値に置き換えます。

from qiskit import IBMQ
IBMQ.save_account('MY_API_TOKEN')

For more details, such as how to manage multiple IBM Quantum account credentials, refer to this tutorial titled The IBM Quantum Account.

インストールされたバージョンの確認方法

Qiskit パッケージにはさまざまな要素の集まりが含まれているので、qiskit.__version__ の実行では、qiskit-terra パッケージのバージョンのみが返されるため、誤解を招く可能性があります。 これは Python の qiskit namespace が Qiskit パッケージから来ているのではなく、qiskit-terra パッケージの一部だからです。

import qiskit
qiskit.__version__
'0.11.1'

あなたの環境のすべての Qiskit 要素のバージョンを見るためには、__qiskit_version__ 属性を使います。例えば、次のコマンドを実行すると、インストールされている各 Qiskit パッケージのバージョンを含む dictionary が返されます。

qiskit.__qiskit_version__
{'qiskit-terra': '0.11.1',
 'qiskit-aer': '0.3.4',
 'qiskit-ignis': '0.2.0',
 'qiskit-ibmq-provider': '0.4.5',
 'qiskit-aqua': '0.6.2',
 'qiskit': '0.14.1'}

ちなみに

あなたが issue を出すときや、何かの理由であなたがインストールしている Qiskit バージョンを共有する必要があるときは、__qiskit_version__ attribute を使用してください。